SIMカードの選び方

インターネット閲覧以外は、あまり使わないかも・・・という方は
2GBくらいから始めてもいいかもしれませんが結構使う方なら3GBはほしいもの。
OCNさんで出しているもので一日上限が110MBというのがあります。
一日で110MBがどれくらいの作業をするというのが下の図です。
ocnday 結構長いこと使えますよね。
ただ事務手数料がかかりますのでしょっちゅう変更は効かないので選択はちょっと注意です。
ただしU-mobileさんは「変更手数料無料」のはず♪ 途中でもっと容量が増やしたい場合GOODです。

対応機種は「各社のSIMカードの頁」にURLリンク入れてありますお好きな機種に迷ったら・・・
スマホ自体の比較サイトもありますのでご覧ください。

 

今お手持ちのスマホ(タブレット)に入れる場合「大きさが3種類」ありますので、
申し込み時にサイズを確認してください。
<サイズは下の3種類です> 通常の大きさの「標準SIM」>「maicroSIM」>「nanoSIM」

simsize

<手持ちのスマートフォンをMVNOのSIMで使いたい場合>
ドコモ系の MVNO ならドコモやソフトバンクの端末、au系の MVNO ならauの端末を利用できます。
例えば、U-mobileならドコモの端末をSIMロック解除せずに使うことができます。
大体のSIMカードはドコモのMVNOを使用している場合が多いですが伝わりづらいなどのこともありますので
「動作確認」ができている「対応機種」を確認ください。

<新しいスマートフォンでフリーSimを使いたい場合>

SIMとセット販売している端末を購入して下さい。
最近はカメラ機能に「自撮り機能」があったり「美人モード」があったりと端末が充実!
しかも分割払いができますから、かなりな割安感。、お手頃感で使えちゃいます♪

 

<SIMロック> ほかの機種では通信できないようにする: 通信制限プロファイル

大手の会社が販売している端末には、そのキャリアのSIMでしか使えないようにSIMロックがかけられています。
一方、MVNOで「セット端末」にはSIMロックがかかっていないので、どのキャリアのSIMでも使えます。
※ 例えば海外旅行や出張の時に、現地のプリペイドSIMを購入して利用することも💛
短期でないなら、空港でお願いするような「海外ローミング」よりも、通信料金はかなりお得です。

各社SIMカードの比較表

人気SIMカード<各社の比較表>です。

2016年4月16日付の作成です。

DaterSim
tuuwaSim
大手のメリットを考えると、「使い放題」や大容量プランや使い放題プランですが 
当然 <月額料金も高くなります>

格安SIMの場合、上手に選べば確実に料金は安いです!

例えば、NTTドコモで月額料金が最も安くなるのは「カケホーダイプラン (スマホ/タブ)」
に「spモード」と「データSパック」を組み合わせた場合ですが、 月間データ容量は2GBが上限、それ以上は
ぐ~ンと遅くなるか、オプションで追加しても「どんどん」課金💦 高くなっていくだけです。

まずはフリーSIMカードで「自分の使う容量分」契約して
通話が多い場合は、「楽天でんわ」「G-Call」といった通話料割引サービスや、
「LINE」「Skype」「FaceTime」などの無料通話アプリ IP電話を活用して通話料を節約しましょう。



フリーSIMを利用して💛上手に通信料 節約!

もはやNETのない生活は不可能です💦

通勤電車の中でも街中でも・・・朝から晩までスマホにくぎ付けの方たくさんおいでです。

出始めのころでしたらキャリアも少なく、みなさんドコモはじめau、softbank などなど

各社大手の機種ばかりで・・・、料金も8000円で収まれば・・・の世界でした。

ここに来て、2015年Sim解除 「格安スマホ」も高性能がラインナップ♪

フリーSimと上手に組み合わせれば、かなりなレベルで節約に!!

政府主導の(2016年5月)の「通信料再考」の指示もあり、日々公衆無線環境も進んでまいっております。

ここらで「賢くSIM比較」!!「フリーSim」を利用して、上手に通信料の節約はいかがでしょうか?

各社のお勧めなフリーSim 調べてみましたので 「SIM比較の参考」にしていただければ幸いです💛

 

快適! GOODなNET生活を、お始めください。

 

simリーダーシップスキル